■twitter

■最新記事

ブログパーツ「複眼RSS」

■プロフィール

薫B

※女性向・同性愛要素(BL)の表現がメインですので、苦手な方や意味の分からない方はお戻りください。
オリジナル。
練習を兼ねた絵を載せています。

画像の無断転載、撮影しての掲載はご遠慮ください。
All rights reserved.

【HPはこちら↓】

Author:薫B

--年--月--日(--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年12月24日(土) 15:15

BL クリスマスプレゼント(黒サンタ)。

※男性・お子様(15才未満)・BLが分からない方はごめんなさい。
 「戻る」、又は、「閉じる」で終わらせてください。




(携帯の方すみません。重いです。)

メリークリスマス!
ブログ村のポチと拍手、ありがとうございます!


読み返してがっかりな原稿も無事送ることができました。
応援していただいた方々、ありがとうございました。

H/シーンは苦手意識の裏返しで、なんと二箇所も入れてしまいましたよ。
評価シート、もらえるのかわからないのですが、「H多すぎです」とか注意されてみたいです。笑。


今何時ですか?
3時?

…いまからケーキ買いに行こうと思うのですが寒いです。




くったりした箱の中の人と、現金…。そして連れ帰るお兄さん…。



エーマンでこの演出なら、黒サンタは良い仕事してると思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
非公開コメント

原稿お疲れ様でした
ちらちら見ていた生原稿、全部すっごく読みたいですー

ケーキは買えましたでしょうか?
ウチはクリスマスっつっても、ケーキもなにもないんですけどね(笑)

Re: タイトルなし

ういちろ様

こんばんはー。
ありがとうございます。

> ちらちら見ていた生原稿、全部すっごく読みたいですー

(;´∀`)ノ はは。いつかお見せできる日が来ると思います。
(つまり、いつもの選外。)

ケーキは明日か火曜日に買いに行くことにしました。
いろんな味を楽しみたいので(私が)、ホールではなくバラ買いするので、無理にクリスマスに行く必要も無く…。
それに、たいやき三昧でもいいかなとか思い始めてます。

こんにちわ

コメントありがとうございました。
マガジンハウスはたしかにオッシャレーでいい雰囲気の会社で大好きでしたが、あとは別冊アクションとか週刊漫画とかオジサンが読む雑誌ばかりで全然オシャレじゃありませんでした。一度朝日新聞社から仕事がきたことがあって、なんで!?と思いましたが、原稿料がほかの十倍近かったのでさすがに朝日はちがうな~と、タナからボタモチの気分で描いたこともあります。マイナー系だといまだに1枚1万円にもならないところだってあるんじゃないでしょうか。
マイナー系の会社は忘年会も高い会費をとられたな~とつまんないことをふと思い出してしまいましたw

薫Bさんはどこかの雑誌に発表してるんですか? セミプロでやっているとか。
あまり人のマンガを読まないのでつい自分と比べてしまうのですが、ぼくよりははるかにうまいと思います。もちろんBLものは描いたことがありませんが、ロリコンもののストーリーを描いて持ち込みに行ったらスンナリ採用されたことがあります。その作品に比べてもたぶんはるかにうまいと思う。
デッサン力もあって、GIFイラストはアングルがいいし、もう一枚のカットは肩に担いでいる重みがビミョーに表現できてると思います。赤と緑の組み合わせもにくい。

よくしゃべるように書けなんていわれますが、それは嘘です。しゃべることと文を書くことはまったく違うというところから始めた方がいいと思います。ネームも同じじゃありませんか? 作品内のキャラクターはそのキャラクターにしかしゃべれない言葉を持ってるはずなので。絵だって見たままを描けばいいってもんじゃなくて、どれだけ見たものをアレンジできるかどうかだと思います…って、ま~そーゆーえらそうなことを言う資格もないですが。

ところでコメントの件なのですが、アメーバはFC2と違って非表示にするシステムがありません。ぼくはもう読ませていただいたので、差支えがあるようなら削除します。削除希望とか教えてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんわ

こんばんわ。
「江戸川乱歩」のコメントはなんだか「おすすめ作家」などと押し付けがましいので、投稿した数分後に削除したはずなんですが…。ま~アレは「なかった過去」ということで(笑)。
でもせっかくなので「乱歩トリビア」を書きます。
その1
乱歩は定期的に自己嫌悪に陥ることがあったようで、昭和30年前後にやはり自己嫌悪に陥って、いちばん嫌悪したといわれる「盲獣」という小説の一部を30枚ぐらいカットしちゃったんですよ。だからそれ以後に出た全集や小説本はそのぶん短くなっているんです。春陽堂版なんかもカットされてます。ま、全体のストーリーはほとんど変わってないのですが。最近の文庫版全集などはコンプ目指しているらしいのでカットされたところも収録してるかもしれませんが。
その2
乱歩は翻訳もやっていて、ポーやホフマンの小説を訳してますが、あれは全部弟子がやったらしい。いわゆる名義貸しですね。あと「死美人」という翻訳小説も同じ。

乱歩映画は傑作が多く、中でも増村保造の「盲獣」と石井輝男の「恐怖畸形人間」(パノラマ島奇談の映画化)はブログで紹介するつもりです。

あと、持込を積極的におすすめしようと思っていたのですが、地方在住だとキツイですね…。デビューしようと思ったら、持込がいちばんいいと思うのですが。

持ち込みについて

こんばんわ。
風邪ひいてたんですか。時期が時期だけにお大事に。

ダーガーの映画を見てるなんて感度がいいと思います。ぼくも昔、渋谷の小さな上映会で見て、そのあとDVDを買いました。アニメのところだけ取り出して、ipadに入れてます。

持ち込みは東京近郊に住んでないとキツイと思います。最初からOKになることはなかなかないと思うし、どんな編集者に当たるかはまったくの運不運。大手だからといって立派な編集者がいるとは限らないし、小さいところだから良心的とはかぎらず本当にひどい編集者もいます。過去に行った中でいちばん良かったのは、デビュー前に行ったジャンプの編集部でした。初めてなのにコーヒーまで出してくれて、結構丁寧にアドバイスもしてくれました。最も同じ雑誌でもいろんな編集者がいて、どんな人に当たるかは本当に運次第みたいなところがあります。いい編集者がいたら何度も通って作品を見てもらうことが大切で、地方在住だとムズカシイですね…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。